自分の苦手な表現。ふと気づいた、書店での出来事。

雑記

この前、書店に行って
並んでいる本を見ているとき。

ふと思った。

自分の場合、人を否定するような表現や
タイトルが苦手なのだな、と。

書店で並んでいる本は
基本的には表紙、つまりタイトルを
見ることが多い。

そこで目に入るたくさんの本は、
それぞれに著者や編集者、
そこに関わった人の色が表現され
一冊一冊に個性が反映されており、
そのこと自体はいいと思う。

だが、そうした本を見ていくなかで
ふと気づいたことがあった。

人を否定するような表現
人を否定するようなタイトル

などに自分は抵抗感があるんだな、と。

○○はするな
成功しない人の特徴
○○は否定しろ

など。あくまで一例。
強く言い切る表現が多いような感覚。

私は、一人ひとりにはちがいがあり、
そのちがいはそれぞれ尊重して
共存するものだと考えている。

また、ものごとは捉え方で意味付けが変わる。
否定するのではなく、捉え方を変えて
再定義をすることで自分の糧にしたい。

否定する考え方自体には賛同はしないが、
こういう考え方もあることは認め、
共存しながらも自分はどんな考え方も
否定せずに前に進んでいきたいと考えている。

もちろん、これが苦手だという
自分の感性は大切にしたい。

自分が考えていることを、
改めて気づかせてくれた
書店での出来事であった。

タイトルとURLをコピーしました