今年もやります『#ブラックな祭り』肩の力を抜いて日常にしまい込んでいた本音を語り、黒いタイムラインを全力で楽しもう。 11月11日7時、開幕!!

イベント

毎年、11月11日のポッキーの日であり
チンアナゴの日であり、きりたんぽの日に開催され、
Twitterのタイムラインを賑わせてきた
イベント『ブラックな祭り』

今年2022年も、11月11日に開催いたします。

『ブラックな祭り』を主催する
トゥモローゲート社のブログで
2022年度版の公式ガイドブックとして
開催のお知らせが届きましたのでシェアします。

1年に1度あなたの黒歴史を吐きだす祭典「ブラックな祭り2022」公式ガイドブック
2022年もブラックな祭りを開催します。

Twitterをブラックに染める1日に

この『ブラックな祭り』とは、
1日限定でTwitterのタイムラインを
ブラックに染め、ブラックな体験を
みんなで楽しもうというお祭り。

「いつから黒歴史を吐き出すイベントになった?」
という感じもあるのですが…!

2018年11月に初開催。
2019年からは11月11日のイベントとなり
今年で5回目の開催となります。

昨年は4000人以上の方が参加し、
ツイート数は5万件を超えて
Twitterの日本のトレンドでは
ポッキーの日に次ぐ2位になりました。

回数を重ねるごとに、その勢いは増しています。

「過去どんな感じだったのか
実際のイベントのようすが知りたい」
そんな方のために、2020年と2021年の
イベントレポートをこちらに貼っておきますね。

Twitterのタイムラインが黒く染まり、思いのたけを語って盛り上がった1日。#ブラックな祭り イベントレポート
11月11日、ゾロ目の水曜日。Twitterでのイベント『ブラックな祭り』が開催されました。少し経ってしまいましたが、イベントはレポートを書くまでがイベントなのでレポート記事を書きます。タイムラインがブラックに染まった1日この『ブラックな祭...
本音を語る。それは日常で考えていること、感じていることの振り返りでもあるのかも。2021年の #ブラックな祭り イベントレポート
11月11日、ゾロ目の木曜日。ポッキーの日であり、チンアナゴの日であり、きりたんぽの日であるこの日。トゥモローゲート社が主催するTwitterでのイベント『ブラックな祭り』が開催されました。少し経ってしまいましたが、イベントはレポートを書く...

開催概要

具体的な参加方法を含む概要は以下の通り。
(トゥモローゲート社ブログ「1年に1度あなたの黒歴史を吐きだす祭典「ブラックな祭り2022」公式ガイドブック」より)

【期間】
2022年11月11日(金)7:00~11月12日(土)12:00まで(全29時間)

【参加方法】
①期間中のツイートに #ブラックな祭り を付けて呟く
②アイコンをモノクロに変更(名前の「ブラックな〇〇」を推奨)

※注意
公序良俗に反するツイート or 特定の個人を傷つけるツイートは厳禁

ふだんは言いづらい。そんな本音を発してわいわい盛り上がり、新しいつながりも

イベントとして『ブラックな祭り』が
あることはわかったけど、
参加して何かメリットがあるのだろうか?
そう考える方もいらっしゃるかと思います。

簡単に言ってしまうと
・フォロワーさんが増える可能性が高い
・本音を吐きだせる
・多くの人のタイムライン投稿でワイワイ盛り上がる
・ポッキーとチンアナゴに挑戦する、その力になれる

私も昨年まで3年連続で
この『ブラックな祭り』に参加して
上記のメリットがあったのは確かでした。

タイムラインの盛り上がりを
共有したのはもちろんのこと、
参加した多くの方のツイートを目にすることで
そのツイートの背景にある人柄を知れたり、
新しいつながりのきっかけをつくれたことが
良かったと私は感じています。

一方で、一度に多くの人と知り合えるので
その反面でアフターフォローしきれずに
すぐ離れてしまう人も多いですが、
その中でこれから長く仲良くしていける人が
少しでもいたらラッキーぐらいに
考えているといいのかもしれませんね。

このお祭りがあったから出会えて。
そしてのちのち何年も交流できている。
そんなご縁が今年もひとつでも
あったらいいなと思っています。

また、過去3回のイベントで
ツイート数集計に少しだけ関わっていたためか、
参加されたみなさんのツイートを
見てきたこともあって、
人のツイートを見て気づけるような
ふだん自分が考えていることや
Twitterで感じていることを
あらためて知ることができたように思います。

普段考えていること。
だけど、なかなか言葉にできていないこと。
それを引き出す場だったり、
自分の振り返りとして活用しても良いと思います。

肩の力を抜いて、全力で楽しもう

今年も開催され、盛り上がりは間違いないと
思われる『ブラックな祭り』

今回も用意されている参加者特典の中には
ツイート件数で競われるものもあるためか、
イベント開催のリリース直後から
下書きをつくろうというツイートも散見されます。

もちろん、下書きには日頃考えていることを
言葉にして残しておく効果はあります。

ですが、私が過去3年参加して、
参加された方のツイートを誰よりも見てきた。
その経験から振り返ってみると、
ブラックなツイートをしようと力んでしまって
いざ当日のタイムラインで滑るパターンを
何度も何度もみてきました。

イベントのためのツイートと意気込みすぎず、
当日までの生活や仕事など日常の中で
気づいたり思ったけど、普段ならなかなか
言葉にして人には言えないようなこと。

気づいた、思った。
そのときに記録していけばネタになって
いいのではないかと思います。

あとは、盛り上がるタイムラインを見て
素直に感じたり気づいたことだけど、
堂々と言うのはやりづらいようなこととかは
ブラックな祭りの流れで発信すると
誰かしらの感性には届くかもしれません。

肩の力を抜いて、思いっきり楽しみましょうね。

自由に楽しく、Twitterの閉鎖的な空気を壊そう!

みんなでアイコンやヘッダーを黒くしたり、
今年も参加者特典があったりと
今年もいろいろな試みによってみんなで楽しむ
『ブラックな祭り』

その本質は「現状のTwitterの閉鎖的な
雰囲気をぶち壊すこと」です。

本来はオープンな場所であるTwitterなのに、
言いたいことも言えない。
息苦しい場所になっていることもしばしば。

そんな空気を1日だけでも、ぶち壊して
思い思いの表現を。
※もちろん、他者への配慮は必要です。

そして、この『ブラックな祭り』を
開催する11月11日は、
ポッキーの日であり
手越祐也さんの誕生日であり
チンアナゴの日でもあり
強敵ぞろいの1日。

そこに挑む5年目の『ブラックな祭り』
タイムラインをブラックに染め
Twitterのトレンドに乗せて
みんなで楽しめたらと思います。

今年も開催される『ブラックな祭り』
2022年11月11日金曜日の午前7時、開幕です!

タイトルとURLをコピーしました